ロゴ

情報管理の徹底ならプライバシーマーク

プライバシーマークはISO規格のようにマネジメントに関係するものではありません。情報管理を徹底し、情報漏えいをしないためにどうするのかを構築するための規格になるのでその点を踏まえて取得に望みましょう。

ルール厳守の仕組み

ISO規格はシステムの構築が目的です。そのため規格の沿ったルールを自社で決め、それを社員全体で守ることが目標になるのです。また定めたルールを遵守することで守られる品質や人権も存在しています。

新着情報

企業に人気のあるISO規格ランキング

no.1

顧客満足のISO9001

ISO9001は品質に関する規格になります。また顧客満足にも関係する規格として評価されているため、多くの企業でこの規格の取得を行なおうとしています。

no.2

環境保全のISO14001

企業と関わりのある業者やその企業が行なうことで、環境に悪影響を与えないようにする取り組みを目的としているISO14001は、エコ活動や環境保全に力を入れている企業に人気がある規格になります。

no.3

食品を扱うならISO22000

多くの食品関連企業が取得をしているISO22000は顧客や消費者に安全な食品を届けることを目的にしている規格です。この規格を取得することで安全性を認められた企業として評価が上がるでしょう。

no.4

ITに多いISO27001

ISO2700は情報セキュリティマネジメントを構築する目的を持っています。そのためIT企業や情報管理業者などが取得しようと取り組んでいます。一般企業でも顧客情報の流出を防ぐためにこの規格を取得することもあります。

no.5

工事関連にはISO39001

道路交通安全マネジメントシステムであるISO39001の規格は道路工事を行なう企業に人気のある規格です。また運輸会社やタクシー会社にも適応される規格のためこうした企業でも評判がいいです。

世界で定められている規格

企業を認めてもらう

企業を多くの人に認めてもらうためには様々な取り組みを行わなければなりません。その取り組みには顧客満足度の向上や画期的なサービスの提供なども含まれています。

より良いサービスの提供

顧客にとって良いサービスを提供する為には自社での取り組みも重要になってきます。社員で案を出し合ってサービス向上に務めるのも効果的ですが、方法として世界基準の規格を取得するのもいいでしょう。

世界基準の規格とは

物作りやマネジメントに関して世界基準で定められている規格があります。ISO規格と呼ばれている規格になりますが、この規格に通ることが出来れば世界で通用するサービスや製品として認められたことになるでしょう。

品質に繫がるISO規格

サービスの品質や製品の品質に繫がるISO規格としてISO9001があります。このISO9001は品質マネジメントシステムと呼ばれるシステムを構築するための規格になるので、規格に通るためには高い品質を目指す必要があります。

ISO規格のメリット

ISO規格はシステムに関する規格になるので取得することで、作業の統一や作業効率の向上などに繋がります。また取得に向けての取り組みでは作業の見直しも行えるので良い機会と言えるでしょう。